みなまたの特産品 サラダたまねぎ

水俣・芦北地方の温暖な気候風土と不知火海の潮風が作り出した味

サラダたまねぎとは

サラダたまねぎの写真「サラダたまねぎ」は、早い時期に収穫する(極早生)品種で、温暖な水俣・芦北地方を中心に栽培されている限定品です。

特に土作りにこだわって、できるだけ農薬の使用を少なくしました。その分、手間がかかりますが、美味しく、安心して食べていただけるよう大事に育てられています。

苦味が少なく、水分の多い甘いたまねぎ、まさに水俣・芦北地方の温暖な気候風土と不知火海の潮風が作り出した味です。

その名の通り、生のままで食べられるたまねぎです。スライスしてサラダにすると抜群のおいしさ。火を通したらさらに甘く、煮込んでも焼いても、こくのあるおいしいできばえになります。

サラダたまねぎのおいしさを活かしたおすすめレシピはこちらのサイトからごらんになれます。


観光物産館まつぼっくりの
サラダたまねぎのページ


ご購入・お問合せ先